企業主導型保育事業について

えすこーと保育園 三軒茶屋は、内閣府より企業主導型保育事業の認証を得て、運営しています。

内閣府 企業主導型保育事業概要

事業の目的

本事業は、企業主導型の事業所内保育事業を主軸として、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、仕事と子育てとの両立に資することを目的としています。

事業の特徴

働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。 複数の企業が共同で設置することができます。 他企業との共同利用や地域住民の子供の受け入れができます。 運営費・整備費について認可施設並みの助成が受けられます。
(以上 内閣府 企業主導型保育事業 概要 より引用)

参考サイト:企業主導型保育事業ポータルサイト(児童育成協会)

ページトップへ戻る

企業主導型保育事業を導入するメリット

企業様のメリット

当園の提携企業として登録していただくことで、従業員様の保育枠を確保できます。お子さまが待機児童になるリスクを減らし、優秀な人材の流出を防ぐことができます。さらに本事業に取り組むことで女性活躍支援、子育て支援に積極的であることが可視化され、採用時の貴社のイメージアップにつながります。

従業員様のメリット

育休明けの保育先をあらかじめ確保しておくことで、職場復帰のスケジュールが立てやすくなります。また公立保育園のような複雑な入園手続きが不要になり、働き方に応じた柔軟な保育サービスを受けることができます。

えすこーと保育園 三軒茶屋と提携するには

Copyright© 2017 e.s.court hoikuen All Rights Reserved.
Produce by http://lukeproject.pcskillup.org
Design by http://f-tpl.com